検索
 

2015年07月21日

【書籍】ホラー文庫3冊。

どうも。
チャモロウです。

ホラー文庫を紹介。

こちらです。

P1020663.jpg
【実際に「拝み屋」として働かれている郷内心瞳(ごうないしんどう)氏の本。】

・郷内心瞳『拝み屋郷内 怪談始末』(MF文庫)
・郷内心瞳『拝み屋郷内 花嫁の家』(MF文庫)
・郷内心瞳『拝み屋怪談 逆さ稲荷』(角川ホラー文庫)

の三冊。

著者・郷内氏は宮城県在住で、その本業は「拝み屋」。
実際にホームページも、もっていらっしゃる。
第5回『幽』怪談実話コンテストで大賞を受賞し、作家デビュー。

携わっている方の目線から描かれる恐怖の実録譚が、
非常に怖いと高評価を得ている。

まだ1冊目を読み始めたばかりなのですが、
第1話「花冷え」を読んだ際、その筆力に感嘆しました。

実話系小説は短編ばかりですので、文芸的技巧に凝らないものが多いかと思っていたんですが、
(むしろ描写の淡白さゆえに恐怖を感じさせる効果がある)
情景描写などが、非常に洗練されております。

むろん、
端的な表現でゾッとさせる技巧も使ってはいらっしゃるのですケド、
そこに至るまでの描写が上手いんですよ。

ただ、
その後は、実話系ホラーの性ゆえか、
淡々としたものが多い気がします。
(「花冷え」ほどの描写力を注力されていたら、実録本であっても一冊仕上げるのが大変だと思うんで、それはたぶんしょうがないでしょう。実話系は数をこなさないとね。)

ホラー系に興味のある方、この夏ゾッとしたい方、
お勧めします。
是非ご一読を。

では。

  
posted by チャモロウ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
↑市場価格の最安値がチェックできますよ。購入の参考価格にベストと思われw
※なお、当然のことながら、当サイトに掲載してあるモンスターハンター関連の著作権・知的財産権はすべて株式会社CAPCM様に帰属いたします。