検索
 

2017年01月09日

【サガSG】平均HP200代で、ファイアブリンガー撃破。(バルマンテ物語)

どうも。
チャモロウです。

Vitaソフト「サガSG」のバルマンテ物語クリアしました。
今作、プレイヤーの数だけ物語の進行があるといっても過言ではないくらい、
膨大なコンテンツが用意されているそうです。

あるプレイヤーでは常道だった話の筋が、
ほかのプレイヤーにも常道とは限らないわけで。

ですので、
バルマンテが歩んだ物語に関しても、
プレイヤーによっては、
かなり違いがあるのでしょうかね?

自分がプレイした物語は、
私的に最高でした。
まさに、これぞサガっていうか、
とにかく素晴らしい展開。
これはプレイしないと損だ、と実感しましたね。

ちなみに、
今回のプレイ方針は、
キャラクターを鍛えたり、
武器強化目的の素材集めをするための連戦などは一切せず。
ひたすらストーリーを進める感じでプレイしました。

ただし、全滅時の再挑戦に関しては、
同じ戦闘を繰り返しましたが、2回ほどだったかな?
正直、最後でキャラが育っていなくて詰まるかと、
心配していたんですが、無事クリアできました。

ということで、
バルマンテのファイアブリンガー戦。
ネタバレを含みますので、
ここからは興味のある方のみどうぞ。


サガSG
◆平均HP200代で、ファイアブリンガー撃破。(バルマンテ物語)、の巻。

6番目のシグフレイを、北東界外で倒すと、
次の7番目のシグフレイ戦に向けて、
バルマンテは、ケイ州からアスワカンにしか行けなくなりました。
(州境に行っても、アスワカンに行くように促されるだけ。)

しょうがないのでアスワカン行きの船に乗ろうとすると、
まだ力不足のようなメッセージを言われるのですが、
アスワカン以外の地域へ行くことができないので、
どうしようもありません。
(何かほかの州へ行く方法があるのかもしれませんが…。そこまで確認しませんでした。)

結局、
アスワカンに着くと、ウルピナ編同様、アスワカンの中央星神殿に向かうことになる。
ということはラストバトルということでしょう。

本作をプレイした方の記事やwikiなどを拝見すると、
体力が400くらいあれば、
ファイアブリンガーを倒せるとかあったので、
正直、不安だったのですが…
いえいえ、どうして、
平均HP200代でも撃破可能でした。

まずは、クリア時のデータから紹介します。

▶▶「バルマンテの物語」クリア時のデータ◀◀
〇パーティステータス
☆陣形⇒マジカルシャワー
☆HP
・マクシミアス  ・・・ HP322
・バルマンテ   ・・・ HP306
・ストルムィクネン・・・ HP342
・エリセド    ・・・ HP212
・ネヴァーン   ・・・ HP294
            (平均HP295.2
2017-01-08-133034.jpg
【バルマンテパーティの体力は最高で342、最低はエリセドの212。】

ちなみにウルピナ編でのパーティステータスと比較すると、全然違う。
参考までに紹介すると↓の通り。

2017-01-08-194151.jpg
【ウルピナパーティは全員がHP900以上。ちなみにカンストであるHP999の仲間が5名中3名。】

いかに違うかが、よくわかると思います。

〇個人ステータス

☆マクシミアス
・装備品と技・術レベル
2017-01-08-133054.jpg
【これで物理防御は33。】
武器の最高レベルは、長剣LV13。
武器は無改造の五行武器「大樹の古剣」と、
「グラディウス・克」。
防具もかなり貧弱ですよ。

・覚えた技とそのランク
2017-01-08-133254.jpg
【最もよく使った技「二刀烈風剣」でさえ、ランクは「T」。】
育った技のランクは最高でTwww。
全く育っていないのがわかります。
技「プロテクト」はもっています。

☆バルマンテ
・装備品と技・術レベル
2017-01-08-133101.jpg
【物理防御は32。武器は「ブリンガー・改」。】
武器の最高レベルは斧LV13。
防具は「霊銀の鎧」。

・覚えた技とそのランク
2017-01-08-133259.jpg
【ランクアップしている技は三つだけ。しかもすべてランク「T」w】
強力な技はBPが高すぎて全く使えない状態。

☆ストルムィクネン
・装備品と技・術レベル
2017-01-08-133113.jpg
【物理防御は23。】
こいつは大剣を使わせた。
最高の武器レベルは、大剣LV13。
武器はノー改造の五行武器「土星刀・古」。
防具は「ボーンブレスト・改」とか。
弱すぎる。

・覚えた技とそのランク
2017-01-08-133302.jpg
【ランクアップしている技は3つのみ。しかもすべてランク「T」】
敵の攻撃力を下げる流し斬りが一番使った。
しかし、プロテクト技であるディフレクトは覚えなかったですね。

☆エリセド
・装備品と術レベル
2017-01-08-133120.jpg
【物理防御は23。】
術最高レベルは木のLV13。「召雷」を覚えている。
武器は「砂龍の杖」。
防具は「玉虫のローブ」。

・覚えた技とそのランク
2017-01-08-133241.jpg
【ランクアップしている術は「召雷」のみ。ランクは「T」】

☆ネヴァーン
・装備品と技・術レベル
2017-01-08-133127.jpg
【物理防御は、おどろきの19しかない。】
武器はエリセドが仲間になったときに持っていた、
木行修業用の武器「ジャウスト」
最高レベルの術は木LV11。

・覚えた技とそのランク
2017-01-08-133248.jpg
【「召雷」一択。ランクは「T」】

エンディングではパーティになったキャラの戦闘回数が表示されますので、
何回戦ってファイアブリンガーに行きついたのか紹介。

2017-01-08-132213.jpg
【戦闘回数が最も多いのはストルムィクネン。119回。】
序盤で仲間になったこいつは、LPが高いこともあり、
控えに回ることは皆無だったかと思います。
マリオンと交代してパーティに入っているため、
マリオンの戦闘回数と、コイツの戦闘回数を足した数値が、
ファイアブリンガー討伐までの総戦闘回数にもっとも近いと思われます。
ということは127回でファイアブリンガーを倒したといえるでしょう。

2017-01-08-132230.jpg
【次点でマクシミアス。戦闘回数94回】いわずと知れたウルピナの父ですね。
コイツを連れてウルピナの町に行っても、
なんのイベントも起きませんでした。

次に多いのはこいつ。
2017-01-08-132248.jpg
【アイザック。戦闘回数59回。】
上の二人に比べると極端に戦闘回数が劣ります。
しかも、ファイアブリンガー戦ではベンチ入り。

2017-01-08-132306.jpg
【エリセド。戦闘回数59回。】
加入直後からスタメン。「召雷」要因としての地位を確立。
本作はこいつを仲間に入れたら、
「すごい・・・もはや、勝てる気しかしませんね!!」

2017-01-08-132324.jpg
【ロバート。戦闘回数34回。】
体術使い。
最初は使っていたけど、
すぐベンチ入り。

2017-01-08-132342.jpg
【ネヴァーン。戦闘回数32回。】
パーティ加入から、ファイアブリンガー戦まで、
もっとも戦闘回数の少ないキャラクター。
知力や集中力が高い、かなり優秀な呪文使い。
「W召雷」シャワーの要。

以下、仲間になったキャラを紹介。
2017-01-08-132400.jpg
【ジゼル(弓使い)。戦闘回数21回】

2017-01-08-132417.jpg
【パトリシア(小剣使い)戦闘回数20回。】

2017-01-08-132435.jpg
【レオナルド(大剣使い)戦闘回数19回。】

2017-01-08-132453.jpg
【マリオン(斧使い)戦闘回数8回。】

2017-01-08-132511.jpg
【クローバー(長剣使い)戦闘回数7回。】


以下、戦闘回数0回の人w。
2017-01-08-132529.jpg

2017-01-08-132547.jpg

2017-01-08-132604.jpg

こちらの戦力はかなり弱かったのですが、
ファイアブリンガーの強さはこちらの強さに合わせて、
設定されるようで、
ウルピナ編に比べるとかなり弱かった。

▶▶バルマンテ編のストーリー概括◀◀
コハン城法廷処刑人であるバルマンテは、
コハン城執政であったシグフレイという人物の処刑を執行します。
恐怖政治を布いて数多くの人々を処刑してきた罪で、です。

ところが、このシグフレイ。
処刑執行の寸前で、自分は7度甦り、この世に正義をなして見せる、
という怪しげなことを口にして、
斬首される。

以降、シグフレイと名乗る男が各地に現れ、
バルマンテは友アーサーとともに、彼を追う(処刑する)ため、
東奔西走することとなる。

▶▶もっともドラマチックな最終展開◀◀
帝都アスワカンにて、
7度目の復活を果たしたと思われるシグフレイ。

2017-01-08-115929.jpg
【シグフレイはファイアブリンガーではないか?】


2017-01-08-120004.jpg

2017-01-08-120018.jpg

2017-01-08-120034.jpg
【ここでアーサーが離脱しました。】

友・アーサーの制止を振り切って、
バルマンテは帝都アスワカンへと向かう。
自分のなすべきことは、ただ一つである、とでもいうように。

そして、
アスワカンの中央星神殿にたどり着いたバルマンテ。
彼を待っていたのは、
なんとこれまで共に戦ってきた、友・アーサーであった。
(やっぱりね…。アーサーの顔は怪しいとは思っていましたが。)
2017-01-08-123909.jpg
【なぜ、お前がここに・・・? お決まりのパターン。】

2017-01-08-123916.jpg
【まさか、お前が・・・。】

2017-01-08-123930.jpg
【ここで星神たちが出現。次の選択肢次第でバトルに発展する模様。】

2017-01-08-123942.jpg
【選択肢はこれら。】

戦うことになると、
2017-01-08-123859.jpg
【こいつら。】

私は星神に祈るを選択しました。
すると、バトルは回避されたようです。
神殿が地下へ沈む。

神殿の地下・アイ・ハヌムに導く、
アーサー。

アーサーが語ったように、
7度甦るといったシグフレイは、
ファイアブリンガーの生まれ変わりである。

そして、その7度目は自分であった。
つまり、
ファイアブリンガー⇒シグフレイ⇒アーサー
と力の継承を行ったというわけかな。

もともと、
すべてアーサーが仕組んでいたことなのか?
と、バルマンテが問い詰めると、
そうでもあるし、そうではないともいえる。
要は、本人もはっきりとわからないようだ。
ただ、バルマンテのこれまでの選択がこのような結果をもたらしたことには違いない。

そして、
この親友同士は最後の戦いを繰り広げる。

2017-01-08-124115.jpg

2017-01-08-124126.jpg

2017-01-08-124131.jpg
この後のファイアブリンガー戦は、
次の記事で紹介します。

この戦いを制し、ファイアブリンガーを倒したバルマンテは、
エンディングで、スカーレットグレイスを得ます。

2017-01-08-132020.jpg
【スカーレットグレイスはバルマンテの手の中に。】

そして語るには、

2017-01-08-132049.jpg

2017-01-08-132058.jpg

がく然とするアーサー。
2017-01-08-132107.jpg
【この展開はゾクゾクします。】

2017-01-08-132115.jpg
【ただ、利用された自分が、今度は相手を利用するという道理は、さほどおかしなものには思えない。】

最高の裏切り。
真の友であり続けた、二人の友情は、
その深淵でも相手を利用しようとする目論見のもと、
深く結ばれていたものだったのかもしれない。

2017-01-08-132120.jpg

2017-01-08-132126.jpg

という感じで、終幕となる。
この展開は最高に良かったです。
色々端折りましたが、詳細はぜひ自分の目でご覧ください。

(C) 2016 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved. ILLUSTRATION: TOMOMI KOBAYASHI




posted by チャモロウ at 01:51| Comment(2) | TrackBack(0) | ロマサガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
仲良しこよしといった信頼ではなく、お互いを利用しあった結果の深い信頼というのが非常に面白いですよね。

最後、バルマンテの名前を呼び続けるアーサーに対して(命乞い?)、あのバルマンテが涙をこらえる表情、熱くなるものがありました。
Posted by mati at 2017年01月16日 20:47
>matiさん

コメントありがとうございます。

そうそう!!
アーサーが、バルマンテの名を連呼するシーン。
続いて無情にも響く処刑の音。

私もあの描写は胸が熱くなりました!!
Posted by チャモロウ at 2017年01月27日 02:27
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
MH3G・攻略ブログ
↑MH3Gブログランキングに参戦です。よろしければワンクリックをお願いします。
モンハン2ndG・攻略ブログ
↑応援していただけたら、幸いです。ワンクリック、よろしくお願いします。
モンハン3(MH3)・ブログ
↑MH3の等身大情報ならココにww。
↑市場価格の最安値がチェックできますよ。購入の参考価格にベストと思われw
※なお、当然のことながら、当サイトに掲載してあるモンスターハンター関連の著作権・知的財産権はすべて株式会社CAPCM様に帰属いたします。