検索
 

2024年03月07日

【真・女神転生X】(1)はじめ〜ヒュドラ討伐

どうも。
チャモロウです。

私は「女神転生」シリーズの大ファンであります。
3DSでディープストレンジジャーニーが出ると話題になるや、
DSのストレンジジャーニーをプレイしていなかったため、
ワザワザ購入して3DSできちんと遊んでから、ディープに入るほどの大ファンです。

まぁ、ファミコン版の初代「女神転生」とPS2「マニアクス」だけは、
プレイしたことがありませんが、
それ以外のすべての「女神転生」「真・女神転生」は一通りプレイしてきました。

このブログでもたくさん記事を書いています。

もともとSwitchを購入したのも、
「真・女神転生」のシリーズがこの機器で発売されると知ったからです。
ただ、この「真・女神転生X」は価格が非常にお高いこともあって、
手を出さずにいたら、そのまますっかり忘れて月日がたっておりましたw

で、ゲオのセールで購入することまではできたのですけど、
その後、正直積みゲーとして完全に忘れていたんですよね(一緒に購入した『ゼノブレイド3』がメインになっていたんで…)

しかし、この度、『真・女神転生Xvengeance』が発売されるとあって、
その前にぜひ遊んでおこうという気になりプレイしたんですよ。

というわけで、
どうぞ。


真・女神転生X
◆(1)はじめ〜ヒュドラ討伐、の巻。

このゲーム、初期設定で難易度を
カジュアル、ノーマル、ハードから選択できるのですが、
メガテン経験者はノーマル推奨ということもあり私も
ノーマルでプレイを始めました。

※無料DLコンテンツで、更に難易度が低いセーフティをDL可能。

メガテンシリーズは高難度で有名なので、
基本ノーマルでも難しいであろうことは織り込み済みでプレイしたのですが…。

プレイし始めて数分間、思ったことは…
「あれ…? こんなにバトルが苦行だったっけ…?」
「レベルも上がらんし…」

そしてこれがやがて、ある疑問へと変わりました。
「これ、難しいことは難しいけど、難しさの方向を間違ってないか?」

これは、どういうことでしょうか?

抑々(そもそも)、
『真・女神転生』シリーズの醍醐味はバトルの戦略にあって、
こちらの弱点をうまくカバーし、逆に敵の弱点を突くことによって、
強敵や雑魚を能率的に撃破できる戦略性にあったはず。

それによって格上のボス敵であっても、低いレベルで撃破することができ、
その結果、大量の経験値を得てレベルアップできるという快感があった。
その基本方針は確かに投入されています。

いますけど…
なんかね…その有効性を感じづらい…。

…というか、
とにかく固いんだ。今回の敵。

雑魚で弱点ついても一発では倒れてくれない。
ダメージもそれほど大きくない…

と、思っていたらレベルを上げると、
敵へのダメージが跳ね上がった。

これ、
属性値よりも、レベル補正の方が影響が大きい。
レベルの大小が敵に対して大きな意味を持つってこと。

うーむ。
ただ属性ついてもだめだよ。
レベルあげて致命の一撃をうってこいやッ!
って感じかな。


でも、それは悪手。
他のRPGと何ら変わりないじゃァないですか。
メガテンのアイデンティティはどこに行ったのだ…。

で、結局ノーマルでも敵が強くなってしまう。
しかも、敵の撃破効率が悪いだけでなく、
レベリングがとにかく七面倒くさい。

レベルがぜんっぜん上がらない。
ホント上がりにくいんですよ。
(過去一上がりにくいんじゃないだろうか)

まるで、有料DLコンテンツの経験値アップを買えと言わんばかりにレベルが上がらないのです。

レベルが上がらない上に敵は強い
弱点を突く、ちゃんとセオリー通りの戦い方をしても、敵を倒すのにやたら時間がかかる。
これ、ストレスが溜まるパターンですね。

で、どうにかこうにか最初の難関である、「ヒュドラ」まで撃退しましたよ。
そこまでの苦難の道のりは実況動画でアップしてますので、よろしければご覧ください。

その中の動画では
あまりの効率の悪さに難易度「ノーマル」から「カジュアル」に変えたつもりでいたのですが、
よく設定をみたら、どうやら「ノーマル」のままでした。
やけにヒュドラ体力が多いと思った…。

ということはハードモードはもっとキツイってこと・・・?
うーむ。

救済措置として御霊があるのですが、これが思うように全くでないし。

#2  

で、御霊の経験値がもらえる(というよりレベルアップをもらえるといった方がよい)有料DLCを購入しました。
すると、驚くばかりにレベルが上がる上がる。

これだと、いままでの時間は何だったのか、と。
極端なんだなぁ。
まぁ、そのためのDLC何だろうけど。
それはそれでいいけど(悪魔合体に有効活用できそうですし)。
でも、これだと確かにヌルゲー化は否めません。

このゲームの楽しみ方はボスに挑む際、適正レベルより少し高めのレベル帯で挑んだ方が、
楽しめるってことになるのでしょうが、
通常だとそこまでレベリングしようという気が萎えてしまうように感じます。

いろんな悪魔を仲魔にして、合成して、育てて、戦う、という基本要素は相変わらず楽しいのですが、
レベルアップとお金の点ですかね。
ボス倒しても経験値少ないし、とにかく苦行(時間と労力)を強いられる感じがするのは・・・。

ヌルゲーになるか、難ゲーになるか、
そのちょうど合間を取っていくことが非常に難しいゲームだと感じました。
よく言えば、
自分のプレイスタイルにそって、そこを調節できるゲーム、
てことになりますね。

あ、ただ
モードのセーフティとか試してないので、
これがどの程度、レベリングを要求するモードかはわかりませんが。

というわけで、
では、また。

posted by チャモロウ at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
※当サイトに掲載してある「モンスターハンター」関連の画像・動画等の著作権・知的財産権はすべて株式会社CAPCM様に帰属いたします。
商品紹介