検索
 

2018年04月02日

【書籍】澤村伊智『ぼぎわんが、来る』(角川ホラー文庫)

どうも。
チャモロウです。

久しぶりに本の紹介。
これです。

P1050140.jpg
【澤村伊智『ぼぎわんが、来る』(角川ホラー文庫)】

以前から気になっていた本で、
文庫化されないかなぁと思っていたところ、
されましたので即購入。
結構面白かったです。

民俗学要素をかませたホラー小説で、
帯にある通り、読み始めたら止まりませんでした。

タイトルにある「ぼぎわん」という意味不明な謎の何か。
その得体のしれない何かが、圧倒的な怖さでじわじわと近寄ってくる。
その描写は背筋をゾクゾクさせます。

正直、
個性の強いキャラが出てくるところや、
最終章はやや作りすぎ感がするのですが、
それでもただのバトルものとは違う楽しさがありました。

実写映画化されるようですので、
それもまた楽しみです。

ストーリーをちょっとだけ紹介しますと…。

昭和の終わりごろ、
小学6年生だった僕は認知症にかかり赤子のような祖父と留守番をしていた。
すると、ピンポンとチャイムの音。
漫画を読んでいた僕はそれを中断して、玄関へと向かう。
玄関の扉は表面がでこぼこしたガラス格子の扉で、
その向こうにぼんやりと濃い灰色の何かが見える。
背丈は低い。子どもくらい。
「ごめんください」
中年かそれより上の女性の声。
僕は返事をする。

「シヅさんはいますか」
来訪者は祖母がいるか尋ねてくる。
不在を伝えると、
「ヒサノリさんはいますか」
ヒサノリは母の兄つまり僕にとって叔父だ。
ここで僕はその言葉に違和感を感じる。
なぜなら、その伯父は30数年前に既に他界してこの世にはいない。

その来訪者の言葉に何とも言えない違和感を感じる。
なぜか扉を開けてはならない気がしてくる。
「いません」
僕がどうにかそう答えると、外の灰いろのかたまりは、
「ギンジさん、ギンジさん、ギンジさん、はいますか。いらっしゃいますか」
ギンジは祖父の名だが、その何かの尋ね方は明らかに異様だった。

灰色の影がさらにぬっと扉に近づき、
祖父の名を連呼する。
これはまともな訪問ではない。
さらに祖父の名を連呼し、両の手をべったりと玄関のガラス扉にくっつけて
その灰色の影がぐっと近寄ってくる。

当惑する僕の背後から、
突如「帰れ!」という力強い怒鳴り声がした。
僕はその声に思わず驚いて尻餅をつく。
振り返ってみると、怒鳴り声をあげたのは、ベッドで寝たままの祖父であった。
再び前を向き直ると、
そこにあった灰色の人影は消えてしまっていた。

その後、祖父から呼ばれた僕は扉を開けなかったか、問われる。
そして、絶対にあれに対して扉を開けてはならない。
本来は返事をしてもらならないことを告げられる。
あれは何だったのか―――。

やがて、時がたち祖父も祖母もなくなって、僕は大人となる。
妻と娘ができ、平和な新婚生活を送っていた。

そんなある日のこと、
僕が勤める会社にある訪問者がやってくる・・・。

という感じですね。
興味関心がわいた方は是非一読してみるとよいかもしれません。

超自然的なホラーはちょっと受け付けないという人は、
パスしたほうがいいですかね。

というわけで、では。



posted by チャモロウ at 23:59| Comment(0) | 書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月25日

【書籍】郷内心瞳『拝み屋怪談 来たるべき災禍』(角川ホラー文庫)

どうも。
チャモロウです。

郷内心瞳氏の新刊。
P1040512.jpg
【郷内心瞳『拝み屋怪談来たるべき災禍』(角川ホラー文庫)】

出版社は異なりますが、
『怪談始末』と『花嫁の家』が近年まれにみる怖さでしたので、
否が応でも期待が高まります。

というわけで、
どうぞ。

続きを読む
posted by チャモロウ at 23:59| Comment(4) | TrackBack(0) | 書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月19日

【書籍】平川陽一『山と村の怖い話』(宝島文庫)

どうも。
チャモロウです。

今年もまたこの時期になってまいりましたね。
暑さが次第に増していき、べとりとした空気が肌にまとわりつく特有の時期。

今年は5月から真夏日が続くという、異常気象でしたが、
その影響か、6月も中旬を過ぎているというのに、
暑さばかりがまし、いまだに雨が降らないという異常事態が続いております。

前に見たニュースによると、
今年の夏は太平洋高気圧とチベット高気圧の勢力が拡大し、
これらが九州で重なってくるという。
はぁ、聞くだけでもう暑い・・・。

さて、
本日は本の紹介です。
では、どうぞ。


続きを読む
posted by チャモロウ at 23:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
MH3G・攻略ブログ
↑MH3Gブログランキングに参戦です。よろしければワンクリックをお願いします。
モンハン2ndG・攻略ブログ
↑応援していただけたら、幸いです。ワンクリック、よろしくお願いします。
モンハン3(MH3)・ブログ
↑MH3の等身大情報ならココにww。
↑市場価格の最安値がチェックできますよ。購入の参考価格にベストと思われw
※なお、当然のことながら、当サイトに掲載してあるモンスターハンター関連の著作権・知的財産権はすべて株式会社CAPCM様に帰属いたします。