検索
 

2017年05月22日

【書籍】かのよしのり監修『マンガ正しい拳銃の撃ち方つかい方』(宝島社)

どうも、こんにちは。
チャモロウです。

皆さんは、
ゲームや映画、漫画の世界で描かれるガンアクションってどう思われますか?

敵の腕を蹴り上げて、
銃を落とさせ、それ中空でキャッチし、
すかさず横向きに撃ち、
敵をあっという間に殲滅する!

くぅぅ〜…
しびれるほど、カッコいいー!
ですよね。

銃を横に向けて構えるポージングは、
イラストや漫画の中でもよく描かれるもので
皆さんもよく見かけるのではないかと思うのですが…

実は!!銃身を横に向けて撃つやり方って、
大間違いもいいところで、嘘っぱちだそうで。

銃を横に向けて撃っていいのは、
特殊部隊が楯を構えながら、そののぞき窓から銃撃する場合のみ。
あとは、
オートマチック拳銃が世に出始めたころ、
「モーゼルM712」があまりの反動の大きさで縦ぶれするため、
(※縦に振れると弾丸は狙った相手の上方にばかり飛んでいく…w)
横にして前方広域を狙えるように使ったくらい、とw。

とまぁ、そのようなうんちくがこの本を読むとわかる訳です。

P1040483.jpg
【かのよしのり監修『マンガ正しい拳銃の撃ち方つかい方』(宝島社)』】
なんだか萌えーな感じの表紙カバーに若干引いてしまうかもしれませんがw、
内容はかなり詳しくて、しかもわかりやすいです。

これまで購入した銃器の本って、結局、写真と説明文ばっかりで、
イマイチ、使い方ってわからなかったのですが、
これを読むと、映画や漫画の中のガンアクションがいかにフィクションに満ちたものなのか、
よくわかります。

うーん、そうですね…
例えば以下のような疑問の解答が得られますよ。
・マトリックスのように弾を回避することが可能か?
・銃口をふさげば暴発して射手に被害が及ぶのか?
・拳銃で自動車のガソリンタンクを撃って爆発させることができるのか?
・自動(オートマチック)拳銃って何がオートマチックなのか?
・水中に飛び込んだら敵に撃たれなくなるのか?
・口径って何?
などですね。

私のように銃火器の知識が全くない人でも、
入門書として気軽に読める面白い本です。

興味のある方は、是非ご一読ください。
では。



posted by チャモロウ at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月21日

【書籍】スーパーファミコンクソゲー番付

どうも。
チャモロウです。

以前紹介した本の続編?がでましたので、
購入。

マイウェイ出版『スーパーファミコンクソゲー番付』

P1040482.jpg
【これです。】

前作『ファミコンクソゲー番付』と同様、
いくつかの項目別に、東西の番付でゲームがランク分けされております。
項目は
・総決算
・タレントバカゲー
・ダメキャラゲー
・RPGクソゲー
・移植失敗ゲーム
というよくわからない観点で分けられており、
その番付も何を基準にして順位づけたのかわかりません。

横綱や大関級のクソゲーは、
番付のあと見開き2ページで、
それ以外は1ページで、
箱やゲーム画面、説明書と一緒に紹介してあります。
(ただし、関脇以下は、説明書の画像無し)

ページの終盤では、
「ゲーム好き有名人たちが語る思い出のスーパーファミコンクソゲーランキング」というコーナーがあり、
「まいっちんぐマチコ先生」の原作者や、
果たして有名なのか?
と思われる方々の独断と偏見に基づくランキングが5位まで紹介されている。

なお、全編カラー。
安物オールカラーの本に時折ある、
インクの異臭は感じられません。

ちなみに主な紹介ゲームは、
『ジーコサッカー』
『摩訶摩訶』
『UFO仮面ヤキソバン』
などなどw

嘗て大流行したスーパーファミコン。
その黒歴史として、闇に葬られていったモノに興味関心のある方は、
一度目を通していただきたい一品ですな。

では。

posted by チャモロウ at 13:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月20日

【書籍】「夢をかなえるゾウ」

どうも。
チャモロウです。

大金が欲しい。
地位や名声を得たい。
カッコよくなりたい。
モテたい。
自分のやりたいことで食べていきたい。
BIGでメジャーな存在になりたい。

人には様々な夢があります。
その夢をかなえる方法がたった一つあって、
それがすごく簡単な方法だったら…?

まるで詐欺師の使う、
怪しげなフレーズですよね。

その答えを知りたい方は、
はい、これを読んでください。

P1040455.jpg
【水野敬也『夢をかなえるゾウ』】

最近、上梓された本として『顔ニモマケズ』が話題を呼んでいますね。
私はまだ、読んでいないのですが、
近々読んでみたいと思っております。

その水野敬也氏の第3作目の小説が、
これです。
10年位前に、アニメやドラマになったりして随分話題を呼びましたね。

主人公「僕」はある日先輩に呼ばれてパーティーに参加する。
東京は赤坂の誰もが聞いたことがあるようなハイタワーマンションでのパーティーだ。
そこであまりにも住む世界の違う人たちを見て、
自分の姿に愕然とし、心底落胆し、
自分の人生を変えたい、変わりたい!と個々の底から強く叫ぶ。

家に帰った後、酔いの勢いもあってか、
インド旅行の際に購入したガネーシャの像に、毒づき、愚痴をいい、
そして、最後に懇願する。

翌朝、
「おい、起きろや」
の声で、目を覚ます「僕」。
枕元にいたのは関西弁を話すへんてこなゾウの化け物(ガネーシャという神様)であった。

そいつの勧める方法をこなしたら、絶対に人生で成功する、
そのために契約しろ、
「僕」は訳も分からないまま、
ガネーシャの言葉に乗せられて(というより勢いに押されて)
決意する。

二日酔いの朦朧とした頭の中、半分やけくそになって、
「こんなの、シラフでやってられるか!」と
チューハイを取り出し、迎え酒をやって、
戻しかけながら、サインをする・・・。
その日から、
「ガネーシャ」と「僕」とのへんてこな共同生活が始まるのだった。

「ガネーシャ」の要求する課題は1日1題。
それはさほど大したことではありません。
けれども、実行することによって大きく人生を変えてしまう効果を持っているものです。
必ず実行をしてください、と。

果たして、人生を大きく変えてしまうその課題とは。
そして「僕」は本当に大きく変わることができるのか。

読者は「僕」と同じ目線で、課題に取り組み、
自分の変わっていく姿をどんどん実感できるような?
物語になっています。

この物語は、
人生で成功するための方法として、
ただ一つの法則へと収束していくのですが、
それが実にシンプルでしかも、
すごく納得がいく流れなんですよね。

啓蒙書としても、
最良の一冊と言えるのではないでしょうか。

まぁ、
どんな啓蒙書よりも、
不真面目で、
面白く、
堅苦しくなく、
読みやすい

ですw

ちなみに、このシリーズは現在(H29年4月)、
・『夢をかなえるゾウ2 ガネーシャと貧乏神』
・『夢をかなえるゾウ3 ブラックガネーシャの教え』

の3巻まで出ております。

私が思うのは、
大きな叶えたい夢を持っている方や夢の見つからない方、
今の現状に満足していない方、
こういった方へのプレゼントとして、
最良の一冊になるかと思います。

成功したい方も、そうでない方も、
是非一読をおすすめします。
現在、文庫版でも発売されてますね。

というわけで、
本日はここまで。

では。

  

posted by チャモロウ at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
MH3G・攻略ブログ
↑MH3Gブログランキングに参戦です。よろしければワンクリックをお願いします。
モンハン2ndG・攻略ブログ
↑応援していただけたら、幸いです。ワンクリック、よろしくお願いします。
モンハン3(MH3)・ブログ
↑MH3の等身大情報ならココにww。
↑市場価格の最安値がチェックできますよ。購入の参考価格にベストと思われw
※なお、当然のことながら、当サイトに掲載してあるモンスターハンター関連の著作権・知的財産権はすべて株式会社CAPCM様に帰属いたします。